移転後はこうなった、WordPressの使用プラグイン選 - 女性起業家のビジネスパソコンサポート:エレフセリア
ホーム > WordPressカスタマイズ > 移転後はこうなった、WordPressの使用プラグイン選

2016/07/17

移転後はこうなった、WordPressの使用プラグイン選

ホシバです。
WordPressでサイト作ってますかー?
漂うwordpressロゴ プラグイン、なに使ってますかー?

プラグインってなに?

コレに関しては昔、別のドメインでこのサイトを運用していたころ書いた記事があります。
参考:WordPressを使うなら必須!の機能「プラグイン」について
ざっくり言えばWordPressにいろんな機能をつけ足せる便利なヤツです。

プラグインの入れ過ぎに要注意!

プラグインって便利だからとついアレコレ入れたくなるんです。
でも入れすぎるとこんなトラブルが起きることも…

  • サイトの表示が遅くなる
  • プラグイン同士でケンカ(競合)する場合がある

表示が遅かったら、検索でたまたま来た人は帰っちゃいます。
3秒過ぎると帰る人多いそうで…かくいううちも遅いんですけどねorz

また、プラグイン同士のケンカ(競合)についてはこれまでにいくつも見ています。
そういえば、お客さまのサーバー移転後に動作確認をしたら、これまで使っていたプラグインがケンカしはじめた、なんて事例もありました(・・;)

移転後のプラグインはこうなりました

ということで(?)
移転以降に使っているプラグインはこんな感じです。

画面表示系

画面表示系
Browser Shots
他のサイトを紹介するときにスクリーンショットを自動で取得して表示してくれるプラグイン。
…でも最近あまり使ってないのと、スクショの取得に時間がかかるのでやめようか検討中です(・・;)
Collapse-O-Matic
縦になが~くなるコンテンツを折りたたむことができるプラグイン。
実用例:どこを選べばいい? 理由別レンタルサーバーの選び方とオススメサーバー
Font Awesome 4 Menus
Font AwesomeというWebフォントを追加するプラグイン。
ネット上にデータがあるwebフォントを使用することで、端末に左右されない表示が可能なんです。
このサイトでは小見出しとかチェックなどによく使ってますよ^^
No Category Base (WPML)
URLから『category』を取りのぞいてくれるプラグイン。
が、そのうちカスタマイズで対応するかもしれませんw
SyntaxHighlighter Evolved
WP上で、HTMLやcssなどのコードを表示させるプラグイン。
普段は使っていないので停止してることが多いです。
WordPress Slider Plugin
画像を何秒かおきにスライドさせるプラグイン。
…が、あまり活用してないので止めるかも?
wp-jquery-lightbox
このサイトでは、画像をクリックするとみよーんと出てくるようになってます。
その機能を担ってるのがこのプラグイン。

ユーザビリティ

ユーザビリティ
Contact Form 7
お問い合わせフォームを作るためのプラグイン。
サポート申し込みや、サイドバーにあるひとことメッセージに使ってます^^
Contact Form 7 add confirm
上記プラグインについていない確認画面を出してくれる拡張機能プラグイン。
Table of Contents Plus
このページでも表示されている『もくじ』を自動作成するプラグイン。

SEO

Google XML Sitemaps
検索エンジン向けのサイトマップを作ったり、更新の自動通知をするプラグイン。

記事投稿補助

記事投稿補助
AddQuicktag
記事を書くときに使う、タグのボタンを追加/削除できるプラグイン。
よく使うものは足し、使わないタグは消すことができるんです(*´∀`)
Duplicate Post
投稿やページを複製するプラグイン。
…えぇ単なる横着です(´・ω・`)
PS Disable Auto Formatting
WordPressで記事などを書くときの自動整形を無効にするプラグイン。
WPの仕様として勝手に改行関係を調整するんですが、それを止めるのに使っています。
…が、もしかしたら消すかもしれません(・Θ・;)
Smart Custom Fields
サポート記事のように、一部が同じ投稿を簡単に作るためのプラグイン。
…が、実はまだ実用できてませんorz

セキュリティ

セキュリティ
Akismet
WordPressでスパム対策といえばこのプラグイン。
とはいえ、…うちはコメント書けないようにしているのでいらないと思ってたので、以前は使ってなかったんです。
そしたらある日、スパムメッセージが右のフォームから睡眠妨害レベルで届きましてorz
(スマホにも届くようになっているので着信がすごかったんです…)
で、対策を調べたところContact Form 7に対応していたのであわてて使い始めました(ノ∀`)
Crazy Bone
WordPressの管理画面へのログイン履歴を保存するプラグイン。
不正アクセスのチェックに使っています。

ユーティリティ

ユーティリティー
AmazonJS
Amazonの商品リンクをつくるためのプラグインです。
実用例:起業している女性のためになるビジネス書が出ました
Broken Link Checker
いろいろなページに張り巡らされているリンク。
そのリンク先がなくなっていないかをチェックしてくれるプラグイン。
Datafeedr Random Ads V2
広告をランダムに表示するプラグイン。
このサイトではいくつか広告を貼っているんですが、そこに使ってます。
Google Analytics Dashboard for WP
Googleのアクセス解析をWPのダッシュボードに表示するプラグイン。
Pretty Link Lite
bit.lyのような短縮URLを、自分のドメインで使えるようにするプラグイン。
Revision Control
投稿画面などで自動保存する回数を調整できるプラグイン。
WordPressにはExcelなどと同じように自動保存する機能(リビジョン)があるんですが、これが何しろ頻繁なので調整しています。
WP Multibyte Patch
日本語ってインターネット上では少し特殊で、それをWordPress内で問題なく使えるようにするプラグイン
このプラグインがなかったら、WPが日本ではここまで広まらなかったんじゃ?ってくらいの、縁の下の力持ちです。

まとめ

24個に増えてますがなー!
…とはいえ消してもいいかなーというのがまたあったりして。
でもその機能はどこで使ってるか? 代替案はあるか?を確認しないと消せないんですけどねー(;´∀`)

スポンサーリンク
Fotolia

関連記事